滑りの悪い屋内用滑り台を滑りやすくするたった1つのアイテム

グッズレビュー

滑りの悪い屋内用滑り台を滑りやすくするたった1つのアイテム

 我が家のリビングのど真ん中には「白いわんぱくジム」があります。滑り台付きのジャングルジムで、白くておしゃれ、組み替えもできるということでメルカリで購入しました。
 ただ、難点が1つ。
 この滑り台、全然滑りが良くないんです。
 メルカリで中古で購入したがために滑らないのかもしれませんが、あまりにも滑らないため、長男は滑り台は「登るもの」という認識に。下りるときはズルズルと下りにくそうにしていました。

なんとか滑るようにしなければ!
となかい妻(筆者)

この記事では「屋内用(室内用)の滑り台」を「比較的安心な方法」で滑りを良くする方法を紹介しています。
となかい妻(筆者)

この記事はこんな人に役立つかもしれません

・屋内用(室内用)プラスチック製滑り台の滑りが悪くて困っている方

3行でまとめるこの記事のまとめ

・シリコンスプレーのうち、「フードシリコンスプレー」が比較的安心して使えるスプレー
・フードシリコンスプレーは「偶発的に食品にかかっても害を与えない」とされている
・あまりによく滑るので、スプレーする際は屋外がおすすめ

滑り台の滑りを良くするには、フードシリコンスプレーがおすすめ

滑り台の滑りを良くするには、フードシリコンスプレーがおすすめ
 はじめに結論から。我が家が使ったのは「フードシリコンスプレー」という商品です。
 クレ5-56の食品機械用、というイメージです。
 ポイントは以下のようになります。

・「偶発的に食品にかかっても害を与えない、H1グレードの潤滑油」→子供が舐めてしまっても比較的安心(舐めさせないのが大事ですが…)
・ゴムやプラスチックに影響を与えない→子供用滑り台でも変色、変形の心配がない


パッケージには「用途以外には使用しない」の記述がありますから、使用する際は自己責任でお願いします。
となかい妻(筆者)

「フードシリコンスプレー×屋内用滑り台」使い方は?注意点は?

 使い方は滑り台にスプレーするだけですが、注意点もあります。
 それが、屋内でのスプレーを避けること
 屋内だから危険というわけではありません。このフードシリコンスプレー、本当によーく滑るようになります。滑り台だけでなく、スプレーがかかってしまったフローリングすら滑ります。我が家は「スリップ軽減ワックス」を使っていますが、その威力を無にするくらいの滑りです。
 フローリングにかかってしまった場合、水拭きを数回繰り返すことで滑りにくくなりました。

他にも、パッケージには「皮フの弱い人はかぶれる恐れがあるので、(後略)」の記述があります。心配な方は滑り台という大きな面積のアイテムではなく、他のものから試してみた方がいいかもしれません。
となかい妻(筆者)

「フードシリコンスプレー」の威力はどのくらい持続するの?

 滑りの良さは2週間~1ヶ月ほど持続します。1度のスプレーでもさほど使用しないので、このフードシリコンスプレー1本あれば子供が滑り台を卒業するまでは余裕で使えると思います。
 また、フードシリコンスプレー1本あれば「クレ5-56」的な使い方もできます。自転車のサビや蝶番の軋みにも使えますから、クレ5-56よりもこのフードシリコンスプレー1本あった方が便利かもしれません。
 Amazonのレビューを見るとパソコンのマウスに使っている方もいらっしゃるくらいです。

この記事のまとめ

 いかがでしたか。
 我が家は滑り台の滑りを良くするため「ワックスを塗る」「ロウを塗る」など、様々な案が夫婦で出ましたが、フードシリコンスプレーと出会えて一気に解決しました。
 屋内用の滑り台が滑らないことでお悩みの方の参考になればと思います。

-グッズレビュー
-, , , , , , ,

Copyright© 2歳差双子、3人育児ブログ , 2021 All Rights Reserved.