妊娠中におすすめの本は?「育児書」よりもおすすめのたった1つの本

子育て 教育

妊娠中におすすめの本は?「育児書」よりもおすすめのたった1つの本

 妊娠中におすすめの本があります。
 それがモンテッソーリ教育に関する本

謎の人
モンテッソーリ教育っていうと、将棋の藤井棋士で有名になったあの教育法でしょ?

謎の人
天才に育ってくれればそりゃ嬉しいけど、そこまでこだわってるわけじゃないし…

ちょっと待って下さい!
モンテッソーリ教育は「天才」を育てる教育法ではありません。しかし、知っておくと役立つ知識がたくさんつまった教育法です。
モンテッソーリ教育の「敏感期」を知っているのと知らないのでは、育児の難易度が全然違います
となかい妻(筆者)

この記事では保育士資格を持つ「となかい妻」が、モンテッソーリ教育について、また「育児書」としての「モンテッソーリ教育」について紹介します。
となかい妻(筆者)

3行でまとめるこの記事のまとめ

・モンテッソーリ教育の概要、特に「敏感期」を知っていると、子供の「困った行動」が逆に輝いてみえる
モンテッソーリ教育の「敏感期」を知っていると、子供が可愛く思える
・ただし、モンテッソーリ教育そのものを家庭でやるのか、モンテッソーリ園(幼稚園)に入れるのか、そもそもやらないかは自由

モンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育とは?
 まずはモンテッソーリ教育を「超」噛み砕いて説明します(噛み砕きすぎて齟齬があったらすみません…)。

 マリア・モンテッソーリという女医さんは昔、知的障害のある子供たちが一心不乱にパンを集めているのを見て、感覚的な刺激に飢えていることを発見します。それから感覚を刺激する玩具を与えることで、健常児よりも知能指数が上回るという結果が得られました。

 その後モンテッソーリは「敏感期」というものを見つけました。超噛み砕いていうと、大人からすれば「そんなことをする必要はない」ように見えることを、子供では一心不乱にやる時期があります。先程でいう「子供が一心不乱にパンを集めること」もそうですね。それが「敏感期」です。
 しかもその「敏感期」に適切な環境や刺激(先程でいう玩具、モンテッソーリ教育で言われる「教具」)を与えることで、容易にその事柄を取得できるとされています。

 また、モンテッソーリ教育で注目を集めているのが「モンテッソーリ教具」と言われるような、子供の感覚を刺激する道具です。先程の言い回しでいえば「感覚を刺激する玩具」ですね。

 さてさて、モンテッソーリ教育というと、この教具ばかり注目を受けがちですが、モンテッソーリ教育の本質は「子供をよく観察すること」に他なりません。
 育児の中で「子供はなぜ、なんでこんな意味のないことばかりするのだろう」「何が不満なんだろう」ということが多々あります。子供をよく観察すると、それが子供にとって「今やらなければならないこと」だということがわかります。
 モンテッソーリ教育の、特に「敏感期」を理解することで、「子供にとっては今やらなければならないこと」「今それができなくて不満で泣いている」と分かるのです
 この「大人にとっては意味のない行動」だとしても、敏感期に適切な教具や環境を与えることで、その特定の事項を容易に取得することができます

 例えば、私の長男の1歳前後でいえば、カゴから取り出し、入れる「敏感期」でした。このときは洗濯カゴやおもちゃ箱、カード入れから中身を取り出しては同じカゴや別のカゴ、箱に入れていました。
 このときに「また意味のないことばかりやって…」とカゴを取り上げたり、カゴにフタをするのではなく、適切な教具(ポットン落としのようなおもちゃ)を与えることで手先が器用になります。(手先の運動を獲得するということ)

 モンテッソーリ教育は奥が深いので、ざっくりいうとこんな感じ、というように覚えていればまずは大丈夫です。

育児書よりも「モンテッソーリ教育の書籍」をおすすめする理由

育児書よりも「モンテッソーリ教育の書籍」をおすすめする理由
 個人的には保育士資格を取得する際にモンテッソーリ教育については勉強していましたが、保育士資格関係なく、モンテッソーリ教育は出産前に知っておきたい知識の1つだと思います。

 まず、モンテッソーリ教育の「敏感期」という概念。この「敏感期」という概念は万能だと個人的には思います。「大人には理解できない行動」の大半がこの「敏感期」で説明がつくからです。
 前述の息子の「カゴからものを取り出し、しまう」もそういう敏感期だと思えば温かい目で見守れますし、息子が集中できるような環境やおもちゃ(教具)を用意することで、集中力が養われます。そして集中していてくれる間に家事ができるという、親にも嬉しい効果があります。

 2つ目に、どんな育児書を読んだところで、育児書通りに子が育つわけではありません。かつ、育児書に書かれているようなことはネットですぐ調べられますし、具体的な体験談も検索結果に表示されます「子供が泣いて寝てくれない」などは、体験談の方が役立つこともあるくらいです。
 我が家の場合、まともな育児書は母子手帳の副読本くらいで(それも対して読んでいない)、あとはネットの知識の方が多いです。「医師監修」の記事も多いですしね。

モンテッソーリ教育を実践するか否かは別問題

モンテッソーリ教育を実践するか否かは別問題
 これまでモンテッソーリ教育のいいところばかりをあげてきましたが、やるかやらないかは別問題です。個人的には2つのハードルがあると思います。

 1つ目は「モンテッソーリ教育を正確にやる」というのは難しいです。教具は高価です。手作り教具は作れなくはないですが、ネットに載っている教具でも「ちょっとこれは教具とはいえないのでは…」というものもあります(例えば、教具では10という数を大事にしていますが、100均アイテムを使って手作り教具を作る場合、8だったり12だったりしますし、太さは鉛筆の太さに近い。つまり、次の段階にステップアップすることを前提に作られています)。

 2つ目は、ということ。棚や机なども「子供目線」で用意しなければならないため、家庭では制約も多くなります。

 ですから、「モンテッソーリ教育を家庭で実践するかどうか」は皆さんの判断でいいのです。私は単に「敏感期」という単語を知っていると、子育てが楽になるということを知ってもらいたいのです。

モンテッソーリ教育にデメリットはあるの?

 さて、私の考える「モンテッソーリ教育のデメリット」もまとめておきたいと思います。

 まずは、モンテッソーリ教育を受ければ誰でも天才になれる、というわけではないこと。当たり前ですよね。東大生約1/3が公文に行っていたと言われていますが、公文に行けば東大に入れる、というわけでもないです。モンテッソーリ教育も同じです。モンテッソーリ園を卒園した子ですら、小学校で「足並みをそろえる教育」を受ければ、普通に育ってしまう子もいます(「モンテッソーリ 幼稚園 その後」などで検索してみると、モンテッソーリ園に入れるかどうかの判断ができると思います)。

 また、モンテッソーリ園に関しては、数が少ないこと、「モンテッソーリ園」を謳っていてもモンテッソーリの理念からはかけ離れた園もある(らしい)というのもデメリットではあります。「モンテッソーリ教育が全然合わなかった」という子もいるようです。「子供一人ひとりを観察する」のがモンテッソーリの基本ですが、園となると目が行き届かないこともあるのかもしれません。

 最後に、モンテッソーリ教育は最近特に人気ですが、ネットの情報がすべて正しいわけではありません。こうやって記事を書いている私がいうのもアレですが…。
 特にモンテッソーリ教具に関しては、前述のように「10の数」にこだわるべきところを既製品で手作りすると、どうしても「8」や「12」になってしまったり、そもそもの「目的」もなく、ただのおもちゃを「モンテッソーリ教具」としていることもあります。まあ、子供にハマればなんでもいいとは思いますが…。

おすすめのモンテッソーリ教育の本

 私はモンテッソーリ教育に関する本は保育士資格の資格対策本を含め、数冊読みましたが、とりあえずはこの一冊を読んでおけばいいと思います。


 文庫本で読みやすいですし、モンテッソーリ教具(この本では「教材」)の具体例も書かれています(この本では前述の数字や太さにこだわりはありません)。

この記事のまとめ

 いかがでしたでしょうか。
 モンテッソーリ教育は奥が深いです。私が妊娠中の皆さんにお伝えしたいのは「モンテッソーリ教育における「敏感期」という概念を知っていると、子育てが楽に、楽しくなる」ということ。なんでも「ああ、今はそういう敏感期なのね」と判断することで、気持ちに余裕ができるのです。
 この記事が妊娠中の皆さんの参考になればと思います。

-子育て, 教育
-, , , , , , ,

Copyright© 2歳差双子、3人育児ブログ , 2021 All Rights Reserved.